化粧品

私がメイクの中で最も力を入れているのは、アイメイクです。
中でもまつげのメイクには人一倍気合いが入っていると思います。

今までつけまつげや、まつげエクステも試してみましたが、
どの方法も自まつげへの負担が大きく、
している時はどんなに長くて存在感のある目元を演出出来ても、
取った時には自まつげは切れ、本数も少なくなって、
とてもみずぼらしい目元になってしまいます。

色々な方法を試した上で私が行きついたメイク方法は、
自まつげを活かしたメイクです。


基本的には、いかにまつげに負担をかけないかを考慮して、
家に帰ったらすぐにマスカラを落とし、
寝る前にはまつげ美容液を塗ってケアをします。


また食生活では毛を丈夫にすると言われている海藻類を積極的に摂っていました。

そうしてまずは自まつげを丈夫に長く育てる事が大切です。

メイクをする時にはマスカラを塗る前に繊維入りのマスカラベースを塗り、
仕上がりの長さを出します。


印象的で目をキレイに見せる為には、まつげがパッチリと上にカールしているだけでなく、長くしっかり密集したまつげに見せる事も大切です。


また、まつげはどんなに濃く印象的でも、ダマになっていては魅力は半減してしまいます。

マスカラを重ねて塗るとついダマになりやすいので、
乾いたらきちんとコームでとく事でより印象的で繊細な目元になります。

マスカラを塗る時には目尻に向かってより印象的にする様に心掛けています。
そしてマスカラはぬれば良い訳ではなく、ある程度の年齢になってからは
目元が濃過ぎると老けて見えてしまうので、
敢えて下まつげにはほとんどマスカラは塗りません。


私は目尻の下まつげの部分だけ少しマスカラを塗る様にしています。

上まつげはしっかりと、そして下まつげは控え目にメイクするのが私の方法です。