08

肌が敏感なのでメイクの際には肌に負担のかからないコスメを使うようにしています。幸い最近ミネラル成分を主流にしたメイク用品のカラーバリエーションが豊富になってきているので、今まではアイメイクもブラウン系が多かったのですが、最近はグリーンとかブルーとかオレンジ、も使うようになりました。

はじめはアイシャドウくらいしか種類も無かったですが、チークやリップ、マスカラもミネラル系の天然コスメが増えたのでしっかりメイクもできるようになって満足しています。ミネラル系メイクの良いところは、肌に優しいというだけでなく、つけているほうが肌に良いというところや、石鹸できれいに洗い流せるということです。

クレンジングをしなくても大丈夫なので、肌が乾燥したりしません。ただし、アイメイクの場合はしっかりめにすると石鹸だけではきれいに落としきれないこともありました。そのため美容オイルなどで先にメイクを浮かせてから洗顔するようにしています。それできれいに落とせます。

これらのメイク道具のおかげで、舞台メイクもしっかりできました。舞台の上ではメイクを濃くしないといけませんが、肌が弱いと本当に困ります。だけどミネラルメイクのおかげできちんとメイクできて良かったです。

ミネラルメイクのおすすめは、MIMCさんです。少しお値段が高めのアイテムもありますが、発色やモチはとても良いと思います。お店で実際にメイクしてもらえたのでそれも良かったです。

003_3

この冬におすすめのブーツをおすすめします♪

まずひとつめは、ニーハイブーツです。ここ数年前からニーハイブーツが流行りだしてきていますよね。今もとても人気があります。脚にフィットするタイプの生地で作られているニーハイブーツが特にオシャレで可愛らしいです。

ニーハイブーツは、ブラックやブラウンやベージュなど色々なカラーのものがありますが、特に私はベージュのニーハイブーツをおすすめします。ベージュのニーハイブーツにコーデュロイのミニスカートやチェックのウールのミニスカートを合わせると、女の子らしいコーディネートになります。

それからつぎは、フリンジの付いているカントリー風のブーツです。ベージュの色で、サイドにフリンジが付いているもので、歩くたびにそのサイドのフリンジが動くので可愛らしいです。ウエスタンブーツのようなゴツさの無い、スタイリッシュなブーツになります。

それから最後は、どの年代の方でも似合う本革のブラックのブーツです。やはり本革のブラックのブーツは一足持っておいても損はないものだと思います。

合成の革で出来ているブーツはやはり安っぽい感じになってしまいますが、本革のブラックのブーツは高級感がありますので、上品なコーディネートにすることが出来ます。本革のブラックのブーツですと、冠婚葬祭の時も使えるので実用的で良いと覆います。

ベージュのニーハイブーツとフリンジの付いたカントリー風のブーツ、それから本革のブラックのブーツがこの冬のおすすめのブーツです。

007

ここ1年、目元にアイラインをがっつり引くメイクをしてません。

エフォートレス(あまりがっちりすぎず、ほどよく抜け感があるという意味)が最近の流行りでもありますし、ある程度歳を重ね濃いメイクをしてしまうと良い印象を与えることが難しいと感じるようになる機会が増えたことも理由としてあります。若い頃はアイライナーで目全体を囲んで目を少しでも大きくさせようとしていましたが、威圧感があり怖い印象を与えてしまうことに気づき始めてからは囲みメイクを避けています。

現在のメイク方法として、アイシャドウを重ねマスカラを塗った後、ペンシルのアイライナー(ダークブラウン)を粘膜の部分に、まつ毛の隙間を埋める感覚で塗ります。これだけでも目の輪郭がはっきりするので、目の印象が強くなりすぎません。

シャネルの「スティロユーウォータープルーフ」は名前にあるように水に強いので、印象のある目元を長時間キープしてくれるので長年愛用しています。

またアイラインを引くことなく、目元の印象を強くさせたい時は、アイシャドウでも一番濃い色を目のキワにのせるといいと思います。細いチップや小さいブラシを使用して、二重の幅よりも小aさい範囲でのせ、目頭は特に濃く重ねるとアイライナーなしで目元がくっきりとします。マスカラは重ねてつけることでまつ毛の印象も際立つので周りの目線を釘づけにすること間違いなしです。

アイラインをがっつり引くことを辞めると、見た目の印象がとっても優しくなりますし、メイクが崩れたときにパンダ目になることもありません。30代を目前にして大変重宝しているメイク方法です。